【ヴェネツィア】歩いて巡る、水の都【観光】

【ヴェネツィア】歩いて巡る、水の都【観光】

ミラノから鉄道で2時間半。

水の都、ヴェネツィアに到着!!

うわあぁ〜〜〜!!本当に駅降りたらすぐ運河が目の前に!!(*゚▽゚*)

 

ヴェネツィアのホテルの選び方

一瞬で水の都の虜になったのも束の間、、、

 

早速水の都の洗礼に会いました( ゚д゚)

 

ヴェネツィアは湾にできた潟の上に築かれた運河が縦横に走る水の都。

150以上の大小様々な運河が177もの島を形成しています。

ということはもちろんその沢山ある島々を繋げる橋がいたるところにあるのです。

 

そう、めっちゃ橋が多いヴェネツィア!!

事前に情報を得て、なるべく駅に近い宿にしたのですが・・・

それでもなかなか・・・

 

2つ橋渡るだけでこんな感じ。笑

髪の毛振り乱して必死です。

旦那さん「持とうか?」

私「いい!!(意地)」

 

島内に入ると道も狭く、階段も多いので荷物が多いと移動がかなり大変です。

ヴェネツィアに鉄道で来られる方は、駅の近く。

空路で来る方は、空港からヴェネツィア市街までバスを利用すると思うのでバス停近くに宿を取ることをお勧めします。

いやいや、折角ならヴェネチアの島の中心地に泊まりたいと考えている方はカナル・グランデという大運河に近い宿を選ぶのがお勧め。

運河に近ければ、水上バスや水上タクシーで移動することもできます。

ただこの水上バスや水上タクシーの値段は意外と高いです。

 

駅から島の中心まで行くのにも、歩いて30分もあれば十分。

観光に近い宿を選ぶか、移動に便利な宿を選ぶかは十分考えて選択したほうがいいと思います!

 

ヴェネツィアでのおすすめスポット

 

無事宿に到着し、荷物を置いていざ散策開始!!

島の中心地まで歩いてお散歩します♪( ´▽`)

 

一歩外に出ると、そこかしこに走る運河と橋の景色が沢山!

水の都と言うだけあって、船という移動手段が生活にはなくてはならない存在。

逆に道路は狭く入り組んでいて、島内は車進入禁止。

そりゃそうだよね、こんな狭かったら( ・∇・)

かなり入り組んでいるので、Googleマップ必須です。

そんな狭い路地ですが、お土産やさんのショーウィンドウから見えるヴェネチアングラスやヴェネチアンマスクがいい味出してます。

様々な色合いのグラスが個性的なヴェネチアングラス!

 

ヴェネチアンマスクも・・・

・・・めっちゃ個性的(゚∀゚)

ちょ、ここまで沢山並ぶと圧巻通り越して恐怖です((((;゚Д゚)))))))

夢に出るわw

 

そしてヴェネチアンマスクといえば、忘れてはいけないカーニバル!!

年に1度、2月末に行われるヴェネツィアのカーニバルは世界三大カーニバルの一つにも数えられています。

誰もが自由に仮面を被って参加でき、中世の雰囲気を楽しめるお祭り・・・

 

とっても興味深いですが・・・

正直仮面だけで見ると怪しさ満点です。笑

 

・・・

はい、お兄さん、置いていきますよ。

 

 

まず最初に紹介するスポットはこちらのリアルト橋!!

リアルト橋

橋からの眺めも最高です!!

この景色は映画「ツーリスト」でジョニーデップがホテルの窓から外を見るシーンで出てきますね。

あの映画のアンジェリーナジョリーがめっちゃ綺麗なんですよ♪

 

 

リアルト橋にはブティックが並び、さらに橋をの手前にはお土産やさんが並びます。

活気があって楽しいです。

 

さらに進むと見えて来るのが・・・

サン・マルコ広場!!

ここがヴェネツィアの中心地です。

 

広場には老舗カフェが立ち並び、多くの方が音楽を楽しみながらティータイムを楽しんでいます。

めちゃくちゃ贅沢な時間ですね(*´Д`*)

 

その広場の象徴的存在、サン・マルコ時計塔サン・マルコ寺院。

サン・マルコ寺院は豪華絢爛!!

これを背景に、あの仮面をつけてカーニバル・・・雰囲気ありすぎですね。笑

私が注目したのがこの時計塔!!

なんとヴェネツィアを500年以上も見守る時計塔で、文字盤はラピスラズリだそうです。

この時計、正午に上のブロンズ像が動いて鐘を鳴らすのですがその光景が・・・

・・・え?終わり!!??

さすが500年・・・笑

 

またこの広場の大鐘楼からは360度ヴェネツィアの景色が楽しめるようです。

ヴェネツィアに来たら、この広場は欠かせないスポットですね!

 

この広場から見える大運河には、サン・ジョルジョ・マッジョーレ教会

サンタ・マリア・デッラ・サルーテ教会が見えます。

これも映画で出てきた〜〜!!

映画そのままの景色で本当に綺麗!!

 

 

そんな運河沿いを歩いていると、一際人だかりのできている橋が。

ここから見えるのが、左のドゥカーレ宮殿と右の牢獄を結ぶ橋「ため息橋」

囚人が宮殿から牢屋に入れられる際に、ここからヴェネツィアの景色を見てため息をついたとかでつけられた名前のこの橋。

またこの橋、恋人同士がこの橋の下でゴンドラに乗ってキスをすると永遠の愛が約束されるという言い伝えもあるそうです。

 

歩いてヴェネツィアを散策。

運河のある景色は今まで行ったイタリアのどの街とも違う景色で本当に見ていて飽きない!

ただ、やっぱり・・・

 

ゴンドラに乗りたいぞ〜〜〜!!(*≧∀≦*)

 

次回、ゴンドラに乗る!!お楽しみに!

 

 

引き続きブログランキング参加中です。

応援よろしくお願いいたします!!

↓↓

 にほんブログ村 旅行ブログ 親子・夫婦世界一周へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

イタリアカテゴリの最新記事

【ヴェネツィア】歩いて巡る、水の都【観光】

by まいまい time to read: <1 min
0