【ドイツ】ベルリン、懐かしの人と・・・【ベルリン】

【ドイツ】ベルリン、懐かしの人と・・・【ベルリン】

リアルタイム

 

2018年5月8日。

123日の世界一周ハネムーンを終え、無事日本に帰国しました!

帰国後、ウユニで出会ったこんちゃんの写真展を訪れ、ウユニで出会った方々とも久しぶりにお会いしました。

ウユニでの出会いは、ほんの3ヶ月前の出来事ですが本当に懐かしく嬉しかったです!

みんな、ありがとう!!楽しかったよ!!

 

大変お待たせしましたが、ブログの方の自分も早いとこ帰国させてあげられるよう頑張って更新していきますのでお付き合い頂けると嬉しいです。笑

 


 

ドイツ滞在中、どうやってドイツを回ろうか悩んでいました・・・

 

一つはレンタカーを借りて回る案。

もう一つは電車か飛行機で回る案。

 

とりあえずどれくらいの料金がかかるのかレンタカー屋さんへ行って見ることに・・・

 

が、どの店も車が無い!!( ゚д゚)

 

「今はバケーションだから皆んな旅行に出たりしてるのよ」と。

 

そう、イースター休暇なるものがヨーロッパは存在するのです!!

知らなかった( ・∇・)

 

イースター休暇は日本でいうゴールデンウィークみたいなもんらしいです。

そりゃ車無くなるわ・・・

 

ってことで、レンタカーは諦め公共交通機関で移動することに。

 

ドイツではケルンから、ベルリンとミュンヘンに行こうと思っていたためそこまでの電車賃を駅で聞いて見ることにしました。

 

すると、それがめちゃくちゃ高かった!!!

ケルンからベルリンまで2人で300€。

えーー!!電車そんなにするの!!?∑(゚Д゚)

もう飛行機でピューンと行っちゃった方が半分くらいの料金で移動できます。

 

ヨーロッパは電車旅をして世界の車窓から的なのを期待していたのでちょっと残念ですが、コスパ重視ってことで飛行機で移動することに決定!

 

 

翌朝ケルンからドイツの首都ベルリンへ到着。

飛行機なのであっという間です。

空港の預け荷物レーンに流れるウサギさん・・・

こんなとこにもイースターが・・・

 

 

中心地までは、空港からバスに乗って移動します。

空港のバス乗り場の近くに券売機があるのでA-Bエリア1回券(3€くらい)を購入。

バス車内の刻印機で日付を印字して乗車します。

 

テーゲル空港からベルリン中央駅( Berlin Hauptbahnhof)まではバスで20分の距離です。

帰りのバスのチケットも購入しておこうと思ったのですが、中央駅のバス乗り場に券売機が見当たらなくて、私たちは観光案内所で購入しましたがバス車内でもチケットは帰るそうです。

チケットは日付を印字してから2時間有効になるので、事前にチケットを購入しておいて、使用するときに印字すればOK!

 

 

無事ベルリンに到着した私たち。

実はベルリンでは、私の小学校からの幼馴染とも言える友人と会う約束をしていたのです。

 

約束までの時間、やっぱりというか・・・とりあえずベルリン観光することに。

 

ベルリンといえばまず思い浮かべるのはベルリンの壁ではないでしょうか?

 

第二次世界大戦後、敗戦国ドイツは東西に分断され東ドイツをソ連西ドイツをアメリカ・イギリス・フランスの統治下となりました。

ベルリンは東ドイツに属していましたが、首都であることからさらにドイツ国内と同じように東西に分断され東ベルリンをソ連西ベルリンをアメリカ・イギリス・フランスによって統治されてしまいます。

これにより陸の孤島となってしまった西ドイツ。

 

また資本主義の西ドイツと社会主義の東ドイツでは経済格差が出始めます。

当初ベルリンの東西の行き来は自由だったので、より豊かな生活を求めて西ベルリンへ亡命する人たちが増えていきます。

 

どうにかして国民の流出を防ぎたい東ドイツは、東西間を遮断し西ベルリンを有刺鉄線で包囲し壁を建設しました。

それがベルリンの壁です。

 

1961年8月13日。

一夜にしてできた壁によって、突然人々は家族や友人と会えなくなってしまったのです。

 

それから28年。

東ドイツ国内の混乱の中、1989年11月9日東ドイツ政府の「事実上の旅行自由化」ともとれる不用意な発表から、ベルリンの壁の前に多くの東ベルリン市民が押しかけて壁を通過して西ベルリンに向かいました。

これがいわゆるベルリンの壁崩壊です。

 

ベルリンの壁はほとんど撤去されましたが一部は記念碑として残されています。

 

ベルリンの壁はこのイーストサイドギャラリーというところにあります。

イーストサイドギャラリーはベルリン中央駅からは離れているので電車で向かいます。

途中、ベルリン大聖堂やテレビ塔を横目に通過・・・

さすがドイツの首都だけあって、結構都会。

見どころもたくさんあるのですが、なんせ弾丸なので電車から失礼します!笑

 

 

ベルリン中央駅から電車で10分程のBerlin Ostbahnhofから歩いていくとすぐ目の目に壁が見えてきます。

壁はそこから1.3km程続いています。

 

ベルリンが東西に分断されていた28年間。

もちろん西ベルリンへ亡命を図る人もいましたが、そのほとんどが見つかり逮捕されるか、射殺されるか、途中にある川を渡りきれずに亡くなったそうです。

 

そんな東ドイツと西ドイツの風刺画から、

カラフルでポップな作品。

ベルリンの壁崩壊を象徴とした作品。

メッセージ性の強い作品など沢山のアーティストによって描かれた作品が並んでいます。

 

中にはこんな日本に関連した作品もあります。

日本となるとやっぱり反応してしまいますね(゚∀゚)

 

その中でも旧ソ連のブレジネフ書記長と旧東独のホーネッカー書記長のキス画は有名ですごい人だかり。

おっちゃん二人の濃厚なチューは、何も知らなくても正直インパクト大です( ̄∇ ̄)笑

 

二人はそういう関係っていうわけじゃなくて、東ドイツを支配していた旧ソ連と旧東ドイツの密接な関係を皮肉した作品だそうです。

 

 

長い壁を見て歩いていると、作成真っ最中の壁に遭遇しました。

イスラエルとドイツの国旗。

ここにあるベルリンの壁は過去のものですが、イスラエルのパレスチナだけでなく世界中にはこのような壁がまだ沢山あるということを改めて感じることができる作品でした。

 

その横で、せっせと壁に書かれた落書きを消している人がいました。

ベルリンの壁は落書きだらけというのを以前聞いたことがあったのですが、私たちが見に行ったときはどの作品もとても綺麗な状態でした。

こんな人たちの努力で壁は維持されているんだな・・・

 

これからも沢山の人に、過去の歴史を振り返り、戦争について考え、平和の有り難みを感じさせてくれるベルリンの壁であってほしいと思いました。

 

 

色々考えながら1.3kmを歩き、気づけば友人と会う約束の時間になっていました。

 

待ち合わせは彼のバイト先のラーメン屋「Hako Ramen」

 

友人ことしんちゃんとは小学校・中学校が一緒。

田舎の小学校だった私たちは、女子26人に対して男子8人という恐ろしい比率の中で多感な小学校6年間を1クラスで過ごしていました。

男子女子関係なく一緒に遊んでいたので、しんちゃんの家に遊びに行っては当時流行っていたミニ四駆で遊んだり、町全体でケードロしていたのを思い出します。

 

また4年生から6年生まで3年連続で30人31脚にも出場していた私たち。

全国大会出場に向けて毎日走って、ZARDの負けないでを熱唱した日々。

県大会決勝で、0.1秒差で準優勝で破れた瞬間。

今でもはっきり思い出せるほど濃い小学校生活で、あの時ほど大勢が一丸となったことや、あの瞬間以上に夢中になって必死に勝つことだけを考えて頑張ったりすることはなかったように思います。

 

そんな青春いっぱいの小学校時代を共に過ごしたしんちゃんとは同窓会以来4年ぶりに再開。

 

まさかのベルリンで。笑

 

店内に入った瞬間、「よう!」と当時と変わらない様子のしんちゃんがいて少しホッとしました。

 

バイト先というだけあってか、ラーメンだけでなくビールや餃子までご馳走になってしまいました。

 

ここの坦々麺美味しかった!!(*゚▽゚*)

しかもビールはアサヒです。

興奮のあまり写真ブレッブレ!笑

ベルリンで餃子が食べれるとは・・・(*´Д`*)

本当にご馳走様です!!

 

 

音楽をするため東京・カナダ・アメリカを転々として2年前からベルリンに移住してきたしんちゃん。

奥さんは画家という、なんともアーティスティックなご夫婦です。

 

 

そんなお二人はベルリンでFLATMOON』というファッションブランドを立ち上げています。

 

ファッションとアートとオーガニックなコラボ!

服の素材はもちろん、デザインもこだわっています!

デザインはもちろん画家の奥さんが担当!!

 

奥さんの絵は本当に素敵な作品ばかり!!

絵のイメージとか本当に降ってくるらしい・・・

私もそんなアーティスティックに生まれたかった( ´Д`)

 

『FLATMOON』の公式サイトはこちら!!

興味のある方はぜひ覗いて見てください(*゚▽゚*)

 

 

お互い近況報告したり、ベルリンでの生活で感じたびっくりするドイツ人と日本人の働き方の違いやら、ドイツオススメのオーガニック製品についてやら、しんちゃんのびっくりするくらいピュアなお話(笑)やら・・・話していてあっという間に時間が過ぎてしまいました。

 

 

お互い30になり、まさかお互い夫婦でお酒を飲み交わすとは思いもしませんでしたが、こうして長い間交流が続くのは本当に嬉しいですね♪( ´▽`)

 

それに退職して働き方を模索している中、海外で頑張っている友人がいるのは本当に心強いし尊敬します!!

 

お互い夢に向かってあの時みたいに頑張ろう!!

 

また日本でも夫婦で集まりましょう!!

しんちゃん、奥さん本当にありがとう!!

 

 

引き続きブログランキング参加中です。

読んだ証に1ポチしていただけるとランキングが上がる仕様になっています。

応援よろしくお願い致します!!

↓↓

 にほんブログ村 旅行ブログ 親子・夫婦世界一周へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

ドイツカテゴリの最新記事

【ドイツ】ベルリン、懐かしの人と・・・【ベルリン】

by まいまい time to read: <1 min
0